紫外線の予防は重要

そばかすとシミの違いって?

そばかすは遺伝性のもので正式には雀卵班と呼ばれています。年齢を増すごとに薄くなる性質をもっているのですが紫外線によって悪化し濃くなってしまうこともあるのです。そして稀ではありますが紫外線など外部からの刺激により後天的に出てくるそばかすもあり、この後天的にできたそばかすは年齢を重ねるごとに濃くなるという遺伝性とはまったく逆の性質を持っています。
シミは紫外線や外部からの刺激により、メラニン色素が過剰に分泌することによって肌への色素沈着が起こることから発症します。シミには様々な種類があり老化やストレスやターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりの乱れが要因となります。紫外線のダメージや生活習慣の乱れが大きなダメージに繋がるのです。

そばかすの予防法やケアはある?

紫外線や外部の刺激による後天性のそばかすに対しての予防はシミの原因と同様、メラニン色素の過剰分泌を抑え、ターンオーバーの乱れをなくすことが重要となり、毎日のケアはもちろんですが日々の日焼け対策や生活習慣を正すことが効果的といえます。しかし先天性のそばかすに関しては原因が遺伝であるため予防をすることができません。しかし悪化を防ぐことはできますのでやはり紫外線対策をしっかりとることが必要なのではないでしょうか。
先天性、後天性どちらのそばかすも日々のケアは必要不可欠ですよね。日焼け止めをしっかり使用し女性ホルモンの乱れをなくすため、バランスの取れた食事をし、質の良い睡眠を取る習慣をつけましょう。もし生活習慣を変えることが難しいときはサプリメントで不足しているビタミンを摂取することをおすすめします。