そばかすの特徴

遺伝性が高い肌トラブル

シミと同じ肌トラブルと思われがちな「そばかす」ですが、実は要因が異なることをご存じでしょうか。そばかすは遺伝性が高い肌トラブルと言われています。紫外線の影響を受けやすい体質が遺伝し起こります。シミは年齢を重ねてからできるケースがほとんどですが、そばかすの場合は幼少期から10代の思春期にかけて徐々に濃くなるのが特徴的です。女性ホルモンが関係しているとも言われており、妊娠中の女性はそばかすが濃くなる傾向にあります。他にも睡眠不足やストレスも、そばかすを悪化させる要因の1つです。また、大きさも異なります。そばかすの大きさは1ミリから4ミリ程度と小さいです。頬や鼻の周辺など広範囲に、散らばるように現れます。

そばかすを予防することは可能?

後天的な要因ではなく遺伝が大きく関わる「そばかす」、予防することはできないのでしょうか?予防が不可能ということはなく、遺伝的な要素いが強いそばかすも日頃のケアで悪化させないことはできるようです。紫外線の影響を受けて起こる肌トラブルですので、UV対策はしっかり行いましょう。日焼け止めを塗る・日傘をさす・帽子をかぶるなどして紫外線から肌を守ると、悪化してしまうのを予防できます。幼少期から思春期にかけて症状が現れるので、この時期は特にUV対策を念入りに行うのがおすすめです。最近は、小さいお子さんのお肌にも負担が少ない、日焼け止めも多数販売されています。子供だからといってUV対策は必要ないということはありません。そばかすの原因や対策法をチェックして、適切なケアを行いできるだけ、そばかすを作らないよう心掛けましょう。