後天性のそばかす

そばかすの原因とは?

鏡を見た時にふと目に入ったそばかす、一度意識するとすごく気になってきませんか。ここでは多くの女性を悩ませるそばかすの原因や症状、そして治療方法について説明していきます。
そばかすは正式名称を「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言い、これはシミの一種です。しかし、一般的なシミとの違いは、シミは紫外線を思春期に多く浴びたことや栄養の偏りなどによるのに比べ、そばかすはそのほとんどが遺伝的なものであるという点です。ですが全てが遺伝性のそばかすであるとは限りません。そばかすの中にも後天性のものが存在するのです。
後天性のそばかすの主な原因は紫外線によるダメージです。また、後天性のそばかすは幼少期のそばかすと比べ消えにくく、色素沈着してしまうので要注意です。

そばかすの治療方法とは?

後天性のそばかすの治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず一つ目に紫外線予防です。日焼け止めは夏だけでなく冬も絶対に塗るようにしましょう。また、紫外線は晴れの日より曇の日の方が強いことを忘れないでください。自分の肌に合った日焼け止めを使うことが大事になります。
次に、睡眠です。睡眠にはホルモンを整える作用があるので、毎日同じサイクルで睡眠と起床を繰り返すことはとても重要になります。また、「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれる夜の10時から深夜2時の間に出来る限り眠るように心掛けてください。睡眠前のスマートフォンやパソコンのブルーライトは睡眠を妨げる作用があるので要注意です。
いかがでしたか?後天性のそばかすは先天性のものよりも改善の余地があることが多いので、生活習慣を見直して綺麗な肌を手に入れてください。